アワード審査委員長 Jury / 講師 Teacher

デーヴィッド・ピーデン  David Peden

GSMA Artisticadviser

デーヴィッド・ピーデン

David Peden

ARAD dip. P.D.T.C.

Guest Teacher of The Royal Ballet 

ロイヤルバレエ団 ゲスト講師

英国ロイヤルバレエスクール ホワイトロッジからアッパースクールを卒業、同年ロイヤルバレエ団に入団。 シニアソリストとして数多くの役を踊り、「二羽の鳩」「コッペリア」「ラ・フィユ・マル・ガルデ」等の主役も踊る。 ナショナルバレエオブカナダ、パシフィックノースウエストバレエ、ブリティッシュバレエコロンビア、イングリッシュナショナルバレエ等様々な カンパニーと共演。その後、 アンカラステートバレエカンパニー、シンガポールダンスシアターに於いてバレエマスターに就任。イングリッシュナショナルバレエ カンパニーをはじめ英国内外でゲスト教師として活躍。 その後、ロイヤルバレエスクール アッパースクール主任教師を長く務め、 国際コンクールの審査、教師としての経験は国内外各地に及ぶ。日本でも、2010年より2015年まで 全国伊達クラシックバレエコンペティションに於いて審査委員長を歴任。
2014年12月、15年教師を務めた ロイヤルバレエスクールを退任、現在はロイヤルバレエ団、アメリカンバレエシアター等、世界のトップバレエ団及びバレエスクールでゲストティーチャーとして活躍している。GSMA芸術監修。

 

David was trained at The Royal Ballet School from the age of 13 and subsequently joined The Royal Ballet Company becoming a Senior Soloist where he danced many principal roles, amongst his extensive repertoire were The Young Man in The Two Pigeons, Symphonic Variations, Afternoon of a Faun, Blue boy in Les Patinuers, The Bluebird in The Sleeping Beauty. Colas, La Fille mal Gardee, Franz in Coppelia. Pas de Trois in Glen Tetley’s Voluntaries. He also performed with the National Ballet of Canada as a 1st soloist, Pacific Northwest Ballet, British Ballet Columbia and English National Ballet. David has had roles created on him by Ashton, MacMillan, Lubovitch, Canniparoli, Deane, Corder, Page to name a few. After retiring from the stage David successfully gained distinction from The Royal Academy’s Professional dancers teaching course. David worked as Ballet Master for the Ankara State Ballet Company and Singapore Dance Theatre. He guest teaches for The English National Ballet Company as well as teaching and judging internationally. An experienced teacher, until as recent as December 2014 David taught all levels at The Royal Ballet Upper School, primarily responsible for the second year boys. He has staged Les Patinuers and Concerto for The Royal Ballet School’s annual performances as well as being instrumental in rehearsing many of their performances throughout the years. He has now embarked on an international freelance career. Artistic advisor for GSMA.

これまで指導した、現在活躍中の主なダンサー

  • スティーブン・マックレー (Principal of The Royal Ballet) 
  • セルゲイ・ポルーニン(Guest Principal of The Royal Ballet)
  • ワディム・ムンタギロフ (Principal of The Royal Ballet)
  • マシュー・ゴールディング (Principal of The Royal Ballet)
  • マシュー・ボール (Principal of The Royal Ballet)
  • ジョセフ・ケイリー (Principal of Birmingham Royal Ballet)
  • アレキサンダー・ジョーンズ(Principal of Stuttgart Ballet)
  • デヴィッド・ムーア(Principal of Stuttgart Ballet)
  • ウィリアム・ムーア(Principal of Zurich Ballet)
  • コリー・ステアンズ (Principal of American Ballet Theater)
  • アレキサンダー・キャンベル(Principle of The Royal Ballet)
  • ローレン・カスバートソン(Principal of The Royal Ballet)
  • ジェンナ・ロバーツ(Principal of Birmingham Royal Ballet)
  • 平田桃子(Principal of Birmingham Royal Ballet)
  • エリサ・ベイデンズ (Principal of Stuttgart Ballet)
  • ヤスミン・ナグディ(Principal of The Royal Ballet)
  • クレア・カルバート (First Soloist of The Royal Ballet)
  • エリザベス・ハロッド (Soloist of The Royal Ballet)
  • 他多数

 

アワード審査委員 Jury / 講師 Teacher

ゼナイダ・ヤノウスキー  Zenaida Yanowsky

ゼナイダ・ヤノウスキー

Zenaida Yanowsky

英国ロイヤルバレエ団 フォーマープリンシパル

Former Principal of The Royal Ballet

ゼナイダ・ヤノウスキーは、スペインのダンサー一家に生まれ、グランカナリア島にある両親の開設したバレエ学校セントロコレオグラフィコで母カルメン・ローブルスと父アナトール・ヤノウスキーのトレーニングを受ける。

1991年にローザンヌ国際バレエコンクールのファイナリストとなり、ヴァルナ国際バレエコンクールで銀メダルを獲得した後、パリ・オペラ座バレエに入団。その後、1993年にヨーロッパヤングダンサーコンクールで金メダルを、翌年1994年にはジャクソンインターナショナルバレエコンクールに於いても再び金メダルを受賞。
同年、1994年に英国ロイヤルバレエへファーストアーティストとして移籍入団し、2001年にプリンシパルダンサーに昇格。
彼女の多くの主演作品の中で、特に主だったものは、「白鳥の湖」のオデット、オディール、 「シルヴィア」のタイトルロール、「くるみ割り人形」の金平糖の精、「マルグリットとアルマン」(原作、椿姫)のマルグリット、「マノン」のタイトルロール、「田園の恋」のナタリア・ペトロヴナ役等。ジョージ・バランシンやジェローム・ロビンスの作品にも数多く主演している他、クリストファー・ホイールドン創作の「ふしぎの国のアリス」でのハートの女王、「冬物語」のパウリナ役では、両作品共に初演のオリジナルキャストとなる。
ウィル・タケット作品「エリザベス」に於いては、タイトルロールを踊った彼女に<批評家ダンス賞>によってベストダンサー賞が授与された。
先出のウィル・タケット、クリストファー・ホイールドンの他にも、クリストファー・ブルース、リアム・スカーレット、キム・ブランドストラップ、アシュレイ・ペイジ、マッツ・エック、ジリ・キリアン、ウィリアム・フォーサイス、トワイラ・サープ、ウェイン・マクレガー、ナチョ・ドゥアト、フレミング・フリント、ジョナサン・ワトキンス、エドワード・リャン、ユリー・ヤノフスキー、アレクセイ・ラトマンスキー、シボーン・デイヴィス、グレン・テトリー、キャシー・マーストン等、多くの新進振付家と創造の仕事を共にしている。

また、Channel 4 制作の短編ダンス映画「Duet」、「The Sandman」や、春の祭典の初演時を描いたBBCのドラマドキュメンタリー「Riot at the Rite」に特別出演し注目された他、ダンスとアートのイベント「デロイト・イグナイト14」に於いて「レダと白鳥」を撮影し、オペラハウス改装後のグランドオープングでも上映された。さらに、ジョナサン・バローズとマッテオ・ファルジョンが手掛けた52人のアーティスト/ダンサーをフィーチャーしたサドラーズウェルズのための「52 portrait」の一人にも選出された。

ホワイトチャペルギャラリーのインスタレーションでは、クレア・バークレイズとウィル・タケットとコラボレーションし、テートモダンの展示「アンリ・マティス:ザ・カット・アウツ」のためにタケット監督の短編映画で踊るなど多彩にその活躍を続けている。

 


Spanish dancer Zenaida Yanowsky comes from a family of dancers. She trained with CARMEN Robles and Anatol Yanowsky at Centro Choreografico in Gran Canaria. After after being a finalist in Pix de Lausanne and winning a Silver medal at Varna in 1991 she joined Paris Opera Ballet. Further awards included Gold medals at the 1993 European Young Dancers Competition and Gold again in the 1994 Jackson International Ballet Competition.

Yanowsky joined The Royal Ballet as a First Artist in 1994 and was promoted to Principal in 2001. Her many roles include Odette/Odile (Swan Lake), Sylvia, Sugar Plum Fairy (Nutcracker),Marguerite (Marguerite and Armand) , Manon, Natalia Petrovna (A Month in the Country) and Principal roles in Balanchine ballets and Robins. She's created the roles of The Queen of Hearts (Alice’s Adventures in Wonderland) and Paulina (The Winter’s Tale) for Christopher Wheeldon. Also in Will Tuckett’s "Elizabeth" where she was awarded best dancer by the Critics Dance Awards.
She has worked and created roles for numerous choreographers including Will Tuckett, Christopher Wheeldon, Christopher Bruce, Liam Scarlett, Kim Brandstrup, Ashley Page, Mats Ek, Jiri Kylian, William Forsyth, Twyla Tharp, Wayne McGregor, Nacho Duato, Flemming Flindt, Jonathan Watkins, Ed Liang, Yury Yanowsky , Alexei Ratmansky, Siobhan Davies, Glen Tetley and Cathy Marston amongst others.
Yanowsky has danced in two short dance films, Duet and The Sandman, for Channel 4.
She also features on the BBC’s drama documentary “Riot at the Rite” as the Chosen one. She filmed Leda and the Swan for Deloitte Ignite 14, that was also showed in the Grand opening of the Opera House’s renovation.
Zenaida is part of "52 portrait" by Jonathan Burrows and Matteo Fargion for Sadler's Wells featuring 52 artist/dancers.
She has collaborated with Claire Barclays and Will Tuckett on an installation in the Whitechapel Gallery, and danced in a short film directed by Tuckett for the Matisse Cut-Outs exhibition at Tate Modern.

アワード審査委員 Jury / 講師 Teacher

ヤスミン・ナグディー  Yasmine Naghdi

ヤスミン・ナグディ

Yasmine Naghdi

英国ロイヤルバレエ団  プリンシパル

Principal of The Royal Ballet

ヤスミン・ナグディはロンドンで生まれ、4歳から体操のトレーニングを始める。7歳からバレエのレッスンを受け、ロイヤルバレエスクールのジュニアアソシエイトから、ホワイトロッジに入学。
在学中、サンクトペテルブルクのワガノワアカデミーとの交流プログラムに参加し、視野を広げている。
2009年、英国人ヤングダンサー オブ ザ イヤーコンペティションで優勝。
ロイヤルバレエアッパースクールを2010年に卒業し、ロイヤルバレエ団に入団。2012年にファーストアーティスト、2014年にソリスト、2016年にファーストソリストとなる。
同年10月、ワールドバレエデーでは、同じくロイヤルバレエスクール出身のマシュー・ボールをパートナーに、「眠れる森の美女」よりオーロラのグランパドドゥのリハーサルシーンが世界中にライブ配信され話題となる。
彼女はこれまで、「ロミオとジュリエット」、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」、「ジュエリーズ」等で、次々と主役デビューを飾り、最近ではウェイン・マクレガーの「ウルフワークス」で、若き日のダロウェイ夫人を好演し、コンテンポラリーにおける評価も高く、2017年7月最高位プリンシパルに昇格。今、最も注目されているダンサーである。
彼女は豊かな音楽性を持ち、ピアノ演奏、作曲、歌うこと等も得意としている。

 


English dancer Yasmine Naghdi is a First Soloist of The Royal Ballet. She trained at The Royal Ballet School and graduated into the Company in 2010, promoted to First Artist in 2012, Soloist in 2014 and First Soloist in 2016. Naghdi was born in London and started training in gymnastics aged four. She took ballet lessons from age seven and was a Junior Associate with The Royal Ballet School before entering White Lodge. During her time at the School she took part in an exchange programme with the Vaganova Academy, St Petersburg, and won the 2009 Young British Dancer of the Year Competition. Her roles with the Company include Juliet, Sugar Plum Fairy and Rose Fairy (The Nutcracker),Princess Aurora, Princess Florine and Florestan’s Sister (The Sleeping Beauty), the Girl (The Invitation), Olga (Onegin), Mathilde Kschessinska and Grand Duchess Marie (Anastasia), Peaseblossom (The Dream), Amour (Don Quixote), First Sylph (La Sylphide), pas de trois, Cygnet and Neapolitan Dance (Swan Lake), Fairy of the Woodland Glade, Alice’s Sister (Alice’s Adventures in Wonderland), Young Shepherdess (The Winter’s Tale), Justine (Frankenstein), finale pas de deux (Infra), pas de trois (Raymonda Act III), Zulme and pas de six (Giselle) and in The Human Seasons, Woolf Works, Symphonic Variations, Don Quixote, La Bayadère, Monotones I, Rhapsody, La Valse, Jewels, Asphodel Meadows, Viscera, DGV: Danse à grande vitesse, Within the Golden Hour, Polyphonia, Aeternum, ‘Trespass’ (Metamorphosis: Titian 2012), Fool’s Paradise, Raven Girl, Multiverse and Carbon Life.Naghdi is a keen musician and enjoys singing, playing the piano and composing.

アワード審査委員 Jury / 講師 Teacher

中村 道子  Michiko nakamura

GSMA Director

中村 道子

Michiko Nakamura

ACBW Training Program 教師

仙台シティバレエにてバレエを始める。第27回東京新聞主催全国舞踊コンクール Jr. 第2位銀賞受賞。1974年、英国ロイヤルバレエスクール上級学校留学。マリオン・レイン女史他に師事。その後デンマーク王立バレエ団 ニニ・タィラード女史の下デンマーク、ドイツ公演に参加。フランク曲「シンフォニック・ヴァリエーション」、ブルノンビル「ナポリ」等で主演。1976 年 モナコにてスーザン・デュブリュイ女史に師事。帰国後、東京シティバレエ団に入団。松山バレエ団に移籍後退団まで同バレエ団の全公演にファーストソリスト及びプリンシパルとして出演。バランシン作「アレグロ・ブリランテ」「セレナーデ」等で好評を得る。1996年、東京に本部を置くカンパニー・ボナテラを設立し、宮城、滋賀に同バレエスタジオを展開。ディレクターとして、演出、振付、指導に当たる。昭和女子大学公開講座監修(1988~2009)。英国L.S.C.留学生オーディション日本審査員。全国伊達クラシックバレエコンペティション副実行委員長、審査員。 ACBW Training Program 教師。GSMAディレクター、講師。

 

She started to learn ballet in the Sendai City Ballet Institute where she won the silver prize in the 27th All Nippon Ballet Competition organized by Tokyo News Paper Company in the junior category. In 1974, she began her training at The Royal Ballet Upper School taught by Maryon Lane and other experienced teachers and later joined Monaco Ballet Academy coached by the esteemed Susan Dubreuil. She performed with the Danish Ballet Group, directed by Nini Theilade, in Denmark and Germany. She also danced principle roles in ballets such as the "Symphonic Variation" composed by Franck, and "Napoli". After she returned to Japan, she danced with Tokyo City Ballet and Matsuyama Ballet as a principle and the first soloist. The performances, which include George Balanchine's “Serenade” and “Allegro Brillante”, received favorable reviews. She founded Company Bona Terra in 1996 and now works as a director, choreographer, and teacher at the classic ballet schools in Tokyo, Miyagi and Shiga. She was a supervisor at the Showa Women’s University Open College classic ballet course (1988~2009). She works as a jury for the London Studio Centre Audition in Japan, vice chairperson of the All Nippon D.A.T.E. Classic Ballet Competition, teacher of ACBW Training Program, and director and teacher of the GSMA.

講師 Teacher

野本 敬子  Keiko Nomoto

GSMA Founding partner

野本 敬子

Keiko Nomoto

金沢シティバレエ団より ウエストストリートスクール(英国)に留学、ダンサーズコース及びティーチャーズコース修了。ロイヤルアカデミーオブダンス短期研修。 マリオン・レイン、アニタ・ヤング、リンダ・モラン、アラン・ハードマン 他に師事。現在、カンパニー・ボナテラ バレエミストレス。ACBW Training Program教師。全国伊達クラシックバレエコンペティション実行委員、プレバレエ部門審査員。GSMAファウンディングパートナー、講師。

 

After attending and teaching at the Kanazawa City Ballet Company, she completed the dancers’ course and teaching course at the West Street School (UK). She was taught by Maryon Lane, Anita Young, Linda Moran, Alan Hardman. She attended the short course at the Royal Academy of Dance. She is a ballet mistress at the Company Bona Terra and a teacher of ACBW Training Program. She is also a member of organizing committee of the All Nippon D.A.T.E. Classic Ballet Competition, a jury of the pre-ballet section, and founding partner and teacher of the GSMA.

ゲスト講師  Guest Teacher of the Contemporary Class

エトワールバレエ館(宮城県仙台市)にて5歳からバレエを始める。
2006年All Nippon D.A.T.E .Classic Ballet Competition Miyagiにて第1位及びスカラシップ賞を受賞し、ゲイリーン・ストックがディレクターを務める英国ロイヤルバレエスクールへ短期留学。その後毎年各部門に於いて上位入賞を続け、2009年に再び第1位金賞受賞。
同年、 YAGP ニューヨーク決戦にて銀賞受賞。同年秋よりドイツ、ドレスデンの Palucca Schule に入学。
2012年にバチェラーオブアートを取得し卒業。その年にスイス、チューリッヒバレエ団ジュニアに入団。2013年 Friends of the Ballet Zurich Award 受賞。2014 からは、オランダ、ネザーランドダンスシアターNDT 2 に入団し3年間所属。2017年よりネザーランドダンスシアターNDT 1に所属し現在活躍中。

 

She started to learn ballet at Maison du ballet Etoile in Sendai city, Miyagi, Japan when she was 5. She was awarded with the gold medal and the scholarship of the summer school at the Royal Ballet School in All Nippon D.A.T.E. Classic Ballet Competition in Miyagi in 2006. Since then, she won several top awards consecutively including the gold medal in the All Nippon D.A.T.E. Classic Ballet Competition in 2009. She also won the silver medal in YAGP New York final senior age division in 2009. She completed her BA at the Palucca Hochschule für Tanz Dresden, Germany in 2012 and then joined the Junior Ballett Zürich, Switzerland. In 2013, she won the friends of the Ballet Zurich Award. From 2014, she danced at the Nederlands Dans Theater 2 for three years. In 2017, she joined the Nederlands Dans Theater 1.

GSMA 主任 ピアニスト

村岡 正美  Masami Muraoka

村岡 正美

Masami Muraoka

洗足学園音楽大学・器楽学科ピアノ専攻卒業。在学中スタニスラフ・スタニスラヴォ ヴィチ・ブーニン客員教授によるレッスンを受講。
幼少からバレエを学び、ピアノを東海林也令子・野村アキ各氏に師事。又、海外からのゲスト教師によるワークショップ、バレエコ ンクール等の伴奏で研鑽を積む。
現在バレエ・合唱・器楽・声楽の伴奏ピアニスト。新国立劇場バレエ団ピアニスト、 昭和音楽大学講師、昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室講師。 2014年村岡ピアノ教室 開講。GSMAの第1回開催よりクラスピアノ、バリエーション伴奏を務めるGSMA主任 ピアニスト。

 

She is an accompanist for ballet, chorus, instrumental and vocal music. While working as a pianist at the New National Theatre Tokyo, she teaches at the Showa University of Music. She graduated from the Instrumental Music department at the Senzoku Gakuen College of Music. She participated in the classes by Stanislav Stanislavovich Bunin. She was taught by Yasuko Shoji and Aki Nomura. In her childhood, she also learnt classic ballet. She has been playing the piano for many classic ballet workshops with foreign guests and ballet competitions. She opened her own piano school in 2014. Since the first GSMA, she has been working as a head accompanist for GSMA.

GSMA in 彦根 講師 Teacher

浦部 朋子  Tomoko Urabe

GSMA in 彦根 実行委員代表

浦部 朋子

Tomoko Urabe

光永晶子バレエスタジオ(横浜)にてクラシックバレエを始める。アベチエ、野坂公夫、坂本信子、新井雅子、中村道子各師に師事したのち、英国ウエスト・ストリート・スクールへ留学、ダンサーズコース修了。マリオン・レイン、アニタ・ヤング、リンダ・モラン、アラン・ハードマン他に師事。帰国後、スターダンサーズバレエ団の舞台に特待生として出演。昭和女子大学公開講座にてバレエ講師。ダルクローズリトミック ディプロマ取得。 現在、カンパニー・ボナテラ彦根教室 マーガレット・バレエスタジオ主宰。

 

GSMA in 彦根 講師 Teacher

やすな みずほ  Masami Muraoka

GSMA in 彦根 実行委員

やすな みずほ

Mizuho Yasuna

法村・友井バレエ学校特別クラスにて、法村牧緒、宮本東代子に師事。 同校を経て、石井 潤に師事した後、英国ウエスト・ストリート・スクール留学 (ジュリア・ファロン、アニタ・ヤング、デーヴィッド・ウォールに師事)。 オーストラリアンバレエ団プリンシパルと共に豪州ゴールドコースト・ユース・バレエ団公演にゲスト参加。 帰国後、劇団四季「オペラ座の怪人」に出演。 英国チェケッティ協会認定教師。英国モーランド・バレエアカデミーサマーコースのゲスト講師及びマネージメントを務める。  現在、滋賀県においてモリヤマシティバレエを主宰。